だまこ鍋は秋田ならではの家庭の味わい省吾 だまこ鍋セット

だまこもちの由来

だまこもちも秋田県の郷土料理として、有名です。
潰したご飯を直径3センチほどに丸めたものをいい、だまこ、やまもちとも呼ばれています。 主に鍋の具材として用いられ、だまこもちが入った鍋はだまこ鍋と呼ばれています。

五城目町において、1959年に三笠宮崇仁親王が同町でだまこ鍋を食べ、称賛したことを契機に 町を代表する料理として扱うようになったということです。

だまこもちは、 八郎潟周辺の地域が発祥といわれ、山林で働く木こりが弁当の飯を切り株の上に乗せ、 斧の背で潰したものが起源とされています。
また、きりたんぽ同様にマタギ料理が起源であるとも言われ、 だまこもちがきりたんぽの原型になったとする説もあります。 きりたんぽがなくても、自宅で簡単に作れるので、だまこもち鍋は秋田の一般的な家庭料理です。

サイトMENU



サイトMENU

Copyright (C) 2007 きりたんぽ 秋田の郷土料理. All Rights Reserved.