比内地鶏肉を使用したこだわりのきりたんぽ鍋セットです【秋田県発!送料無料!】

きりたんぽの由来

きりたんぽは、 秋田県北部(現在の北秋田市、大館市、鹿角市周辺)に住むマタギの料理が始まりといわれています。

マタギが山から帰った際、残したご飯をつぶして棒につけて囲炉裏で焼き、山からとってきた獲物のヤマドリや山菜、 キノコなどと煮たり、味噌をつけて食べたりした料理が、現在のきりたんぽ鍋につながっています。
比内地鶏が全国的に有名になって、比内地鶏の原産地である比内地区など 大館市の郷土料理として今では全国的に有名な秋田の郷土料理となっています。

きりたんぽとは、 鍋に入れる際、たんぽを適当な大きさに切って入れるところから「きりたんぽ」といいます。
この「きりたんぽ」と鶏肉や野菜、きのこ等を入れた鍋料理を「きりたんぽ鍋」といいます。 今では簡単に「きりたんぽ」と言えば「きりたんぽ鍋」のことをいうようになっています。


味噌付けたんぽ

この「たんぽ」を焼く時か焼いた後に「味噌タレ」や「醤油タレ」をつけたものを「味噌付けたんぽ」 と言います。 十和田湖などの観光地では、よく売られていますよ。

サイトMENU



サイトMENU

Copyright (C) 2007 きりたんぽ 秋田の郷土料理. All Rights Reserved.